コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

5月26日 at 木工室

昨日は二週間ぶりの活動でした。

話し合いの前に、手づくりまつりの準備を手伝っていただきました。

チケットをひたすらチョキチョキ、ナンバリングをひたすらガシャガシャ笑

ありがとうございました(^^)♪


小人数ではありましたが、話し合いをしました。

○●テーマ「今後の活動について」●○

結成してから、約半年が経ちまして、今後組織としてもっとかっちり固めていこうと思います。

この先も、この素晴らしい集いをずっと残していくには大切なことですね。

手づくりまつりに関わって下さった方々にも声をかけてみて、もっとメンバーが増えてくれるといいなと思います♪

6/2はとりあえずお休みにしまして、次回は6/9に集まります。

その時に、先日話し合った、今後の組織の方向性や活動について話し合いたいと思います。

…もしかしたら、メンバーが増えるかも!?と、ちょっとわくわくしております(^^)


「これからやってみたいこと」の話もしました。

こんな案が出ました。

・収穫した野菜でBBQ(…肉無し!?)

・夏合宿
 →釣り具を自分たちでつくって実際に釣りをする。
  肝試し(キャー…)

・ガラス細工に挑戦

・青谷の和紙づくりに挑戦(講師の方に教えていただいて本格的に!!)

・第一回 泥だんご選手権(誰が一番最高の光を放つ“泥だんご”をつくれるか!?)

・公民館や小学校での「ものづくり教室」開催

などなど、色々出ましたね(^^)楽しみです♪

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

第13回 因幡の手づくりまつり

「子どもがナイフで鉛筆を削れない」「靴のひもを結べない」「リンゴの皮をむけない」など、「子どもの手が虫歯になっている」という手の不器用さが問題視され約30年が経ちました。今日の子どもたちは、以前に比べ生活経験の不足やものと関わる経験の少なさから、ますます深刻な状況に陥っているといえます。

 このような問題意識から、鳥取の地において本学や他大学の教員・学生をはじめ、研究者や子どもたちの保護者らが中心となって、「手づくりまつり」の開催により、ものづくりや遊びを広める取り組みを1997年より始め、本年度も以下のとおり開催します。

 子どもたちが、豊かな文化を内に秘めている地域の伝承的遊びやものづくりを具体的に体験する中から、匠たちの伝統の技にこめられた日本人の生きた智恵・工夫の妙、創造の喜び、段取り能力、そして何よりも手づくりのものにこめられた人間の心を感じ取ってもらうことを願っています。そして、これらのものづくりの文化を学校教育や生涯教育の学習の場にもう一度返し、地域やそこにある学校がより豊かな学びの場となり、子どもたちにものづくりの意識や地域で働く人たちに対する意識が高まることを期待しています。


*************************************        
日時:5月31日(日) 10:00?15:30
会場:智頭街道商店街(雨天決行)
材料費:500円(2,3個作れます)
その他:会場には駐車場がありません。公共交通機関をご利用ください。
*************************************

プロフィール

つくってあそぼうクラブ

Author:つくってあそぼうクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。